第2カ条 守秘義務を守る

どうしても映像翻訳者になりたいという夢が実現すると、
誰もが嬉しくなって他人に自分の仕事を話したくなります。
しかし、翻訳が終わったからといって「私が○○の翻訳をしました。」と、
HPなどでお知らせしたり、他人に話したりすることはやめましょう。
翻訳が終わっても、まだ映像字幕制作の仕事は終わっていません。
制作側の情報が安易に漏れると、販売元や製作元に迷惑がかかります。
時には、仕事を頂いた翻訳会社の信用を落とす場合にもなりかねません。


第3カ条へ


翻訳者の心得のトップページへ