映像翻訳を学ぶ】 学習方法

自分にマッチする学習やお得に学ぶための学習姿勢のチェック

大多数の翻訳スクールでは宿題、課題がでます。毎回出題するスクールもあれば、時々出題するところもありますので、希望するスクールのカリキュラムや授業の進め方などを確認したほうが良いでしょう。

また、講座の課題をこなす以外で自己学習をしていますか?
ただ単に全ての講座に参加したからといってトライアルを通過できるとは限りません。講座以外にも自分で勉強できる方法はたくさんありますので、色々な手法で字幕翻訳の決め手となる日本語表現力を強化しましょう。
それでは、どんな学習方法があるか例をご紹介しましょう。

□自分でできる勉強とは?
◎ 日ごろからメディア全般に興味を持ち研究する。
◎ 雑誌やウェブ媒体のトライアルにチャレンジする。
◎ 週に何本か映画やドキュメンタリー、ドラマなどを必ず観るようにする。
◎ 新聞記事の内容を要約して設定した文字数で日本語に書き起こす。
◎ 毎日日記を書いてみる。
◎ 映画やドキュメンタリーの字幕を書き取る練習をする。
◎ DVDなどで吹替えと字幕の違いを見つける。

ご紹介した学習法は一例に過ぎません、ご自分に合った学習方法を見つけると良いでしょう。
根気よく経験を積むことが実力アップにつながります。


映像翻訳を学ぶのトップページへ