韓国語・中国語

ブームが定着! 韓国語・中国語

火付け役は韓国ドラマ!
2003年にNHK・BS2で「冬のソナタ」が放送されて以来、
主人公のぺ・ヨンジュンの爆発的な人気と共に、韓国ドラマがブームを巻き起こしました。
その影響で韓国ドラマの人気はうなぎのぼり。
テレビをつけると、吹き替えや字幕入りで、韓国ドラマが何かしら放映されるようになりました。
CS放送、BS放送、DVDを媒体として、コメディー、恋愛もの、歴史もの、青春ものと
ジャンルも豊富な魅力たっぷりの韓国ドラマは今や一過性のブームではなく
ジャンルとして定着したように感じられます。

デビューのチャンスは今!
韓国映画の字幕翻訳が急増したのは、ここ数年です。英語の翻訳者と違って、
韓国語の映像翻訳者は20年以上のベテランの数が少なく、需要が多い割には
翻訳者の数が不足しています。4~5年の経験者は大勢いますが、
日本人は字幕に慣れ親しんでいますから、どうしても質の高い翻訳を望みます。
このように、ブームや何かで翻訳の需要が急増した場合、
それに応えるには、翻訳者の経験不足を補う仕事が必要になってきます。
字幕チェックや字幕演出、韓国語の台本翻訳から字幕用にリライトする仕事など、
翻訳以外の仕事も人材不足。
つまり、新人のデビューチャンスが他の言語よりも、多いといえるでしょう。

韓国映画に続いて中国ドラマも日本上陸
韓国ドラマが火付け役となって、中国ドラマ、香港ドラマと
アジア系言語の需要がのびてきています。
韓国語以上に、翻訳者の数が少ないので、
中国語を学んでいる学生さんや他分野で仕事をしている
翻訳者さんが、 これから映像翻訳を勉強して、チャンスをつかむことも可能です。

劇場翻訳も夢じゃない!
社団法人 外国映画輸入配給協会のデータによると、
平成25年度の新作映画の劇場公開数は、洋画513本中、
韓国映画は、第一位のアメリカ(193本)に続いて第2位の46本。
イギリス、フランス、イタリア、カナダをおさえて2位ですから、奮闘していますね。
過去の統計データを見ると、
平成22年に第2位に上がってから毎年、定位置をキープしています。
かつては、欧米系一色だったとは思えない映画業界の変貌振りです。
他にも、香港映画10本、中国9本、インド7本、台湾6本と、
アジア系映画が日本市場に浸透しています。

どうやったらなれるの?
映像翻訳者になるには、いくつか方法があります。
かつてはベテラン翻訳者に弟子入りという道がありましたが、
現在ではあまりメジャーな方法ではなくなりました。
映像翻訳学校ができたことで、誰でも字幕翻訳を学べるようになったためです。
数ある字幕翻訳学校の中から、自分に合った学校を選びましょう。

1.映像翻訳学校へ通う 翻訳学校や映像翻訳会社が開講する映像翻訳の講座がもあります。
通学・通信講座など自分のライフスタイルに合わせて学び方を考えましょう。
講座修了後にトライアルを受けて、翻訳者のネットワークや翻訳会社に、
登録できるチャンスがあります。
韓国語、中国語の字幕翻訳は『映像翻訳のワイズ・インフィニティ 字幕翻訳スクールへ』

2.配給会社や制作会社、テレビ局 CS局、翻訳会社に就職する日本語版制作には
翻訳だけでなく様々な仕事があります。
営業、制作、チェック、演出、スポッティングなどなど、
現場で仕事を覚えながら、仕事のチャンスをつかみましょう。人脈も広がります。

なかなか求人が出ない業界ではありますが、こまめに各社のサイトをチェックしてみては?