ボイスオーバー翻訳】 ジャンル・媒体


ボイス・オーバーはどんな場合に使うの?

ボイス・オーバーは、報道番組のインタビュー、ドキュメンタリーのナレーション、トークショー、テレビショッピングなどに使われます。大量の情報を正確にわかりやすく伝えることが重視される映像に向いている翻訳の手法です。

①ドキュメンタリー
動物の生態を紹介する自然もの、史実を検証するようなもの、薬品や工業生産物に関わる技術を紹介するようなもの、時事問題を扱ったジャーナリスティックなものなど

③インタビュー
映画監督、俳優、ミュージシャンへのインタビュー。DVDの特典映像などに使われることが多い。
あるいはエンターテインメント番組のコンテンツとしても使用される。

④テレビ番組
日本ではいわゆるバラエティー番組と呼ばれるようなテレビ番組。
代表的なものはアメリカのリアリティー番組。ショッピング番組、料理番組やガーデニング番組、スポーツ番組、紀行番組などもある。


ボイスオーバー翻訳のトップページへ