放送翻訳】 向いている人

放送翻訳者に必用なこと
1位 実力
やはり何といっても1番大切なのは実力です。
「どれだけ速く、どれだけ正確に作業を進められるか」が決め手です。

2位 体力
放送翻訳に関しては24時間、いつ仕事が入ってくるか分かりません。
「深夜に突然依頼の電話で起こされ、そこからすぐに現場へ直行!」なんてケースも少なくはありません。
体力も大切な翻訳者の要素です。

3位 持久力
時にはテレビ局で夕方から朝まで作業することもあります。
長時間作業をしなければならなかったり、いつ入ってくるか分からない新しい素材(情報)を待っていなければならなかったり。
待ち時間で多いのは海外からの映像の伝送待ちや、映像のダビング待ちです。
1・2時間、ずっと映像を待ち続けていることもあります。
そんな時に必用なのが持久力です。


4位 柔軟性
放送の世界はネタが変わったり、分量が変わったり、開始時間などが変わったりすることも多いので、現場で臨機応変に対応できることも大切です。


放送翻訳のトップページへ