吹き替え翻訳】 字幕との違い

字幕翻訳との違い
     
字幕翻訳は台本の長さを計って字幕のルールに従い文字数を合わせて翻訳します。
目で見る言葉です。

吹き替えは尺合わせが重要です。
役者さんの演技に合わせて声優さんがセリフに命を吹き込みながら“声で演技”するための
台本と考えるとわかりやすいと思います。
あたかも外国人が日本語を流暢に話すようにセリフを翻訳するのです。
役者さんの呼吸、口の動きなどにも留意して、セリフの長さを重視して翻訳するということになります。


吹き替え翻訳のトップページへ