『ファイ 悪魔に育てられた少年』



見る人の視点によって、いろいろな意味に解釈できる。
『ファイ 悪魔に育てられた少年』は、そんな映画だ。  
仕立ては、韓国映画界のトレンドといえるサスペンス。「白昼鬼(はくちゅうき)」
と呼ばれる殺し屋の男たちの世界を描くハードボイルドな作品だ。
殺し屋は、大規模再開発工事で立ち退きを拒否している夫婦を"始末"する依頼に応じる
など、残虐な任務を戸惑うことなく遂行するのだ。


しかし、『ファイ』が他の作品と一線を画すのは、主人公が17歳の少年であるという
こと。"父親"と称す5人の男たちに殺し屋になるべく育てられたという、特異な運命の
持ち主だ。ファイと名付けられた少年は、学校に通う機会も与えられず、5人の父親
たちに、射撃や解錠術など犯罪の英才教育を施される。心の中に怪物の幻影を抱え、
おびえるファイ。ところが、ある事件をきっかけに、ファイの銃先は"父親"に向けられ
るようになるーー。一見極端な設定でありながら、そこに描かれるのは、ゆがんだ父性
愛と、それを乗り越えようとする思春期の息子の、普遍的ともいえる関係だ。


ファイに扮したのは、今、韓国で最も脚光を浴びている子役のヨ・ジング。
ドラマ『太陽を抱く月』や『会いたい』では、それぞれキム・スヒョンとユチョンと
いう超人気スターが担う主人公の子ども時代を担い、ピュアな初恋のシーンで話題を
呼んだ。『ファイ』では少年から青年へ脱皮する思春期の迷いやもがきを演じている
が、その姿は子役から1人の役者へと成長するヨ・ジング自身にも重なって見える。


そして、もう1人注目すべきは、圧倒的な存在感を放つ"父親"役のキム・ユンソク。
『チェイサー』で韓国主要映画祭の主演男優賞6冠を独占した演技派によって、
獣のような父親役に、この上ない凄みが加わった。ラスト近くでヨ・ジングと
キム・ユンソクが対峙するシーンの張り詰めた緊迫感は、耐えがたいほどの重圧を
持って心に迫る。


強烈かつ残酷なシーンが多々あるにもかかわらず、最後に残るのは、一服の清涼感。
エンドロールに素敵な仕掛けがあるので、お見逃しなく。



『ファイ 悪魔に育てられた少年』
2014年4月19日(土)より
シネマート新宿、シネマート六本木ほか全国順次公開
http://www.hwayi-movie.net/

あらすじ
17歳のファイは、学校に通う代わりに"5人の父親"から犯罪のスキルを教え込まれて育った。父たちと同じ道に生きることを余儀なくされ、殺人現場へ連れ出されたファイは、一発の銃声が鳴り響いた瞬間から魔物のように恐ろしい"過去の真実"に直面する。残酷な人生を背負ってしまった少年と、彼を取り巻く男たちの凶行は、容赦なき運命に導かれ疾走していく。



執筆者:桑畑優香(ライター・翻訳家)