字幕翻訳】 受注から納品まで

字幕翻訳仕事の流れ

【ひと目で分かるチャートはこちら】


素材が届く
映像(ビデオあるいはCDR)とスクリプト(原語台本)
映像が途中で切れていないか、音声が正常に出ているか、
スクリプトにページ抜けがないかなどをチェック
 ↓
ハコ書き
まずはざっくりハコを切ってから、アウトにするもの、2つに分けるもの、
切る位置などを再考する
 ↓
スポッティング
ハコが決まったら、今度はイン点、アウトの長さ、
カット変わりなどを考えて洗練させていく
SSTを使用しない場合は、ストップウォッチでセリフの秒数を計り、文字数を決めます
 ↓
翻訳
ここが翻訳者の作業の中心です
 ↓
翻訳者納品
納期は絶対厳守。遅れるにしても1日前になって、遅れるなどと申告しては
いけない
 ↓
仮ミックスチェック
仮ミックス(映像に字幕を組み込んだビデオあるいはCDR)をクライアント様がチェック。
クライアント様からの修正依頼や質問には迅速に丁寧に答える



字幕翻訳のトップページへ